放課後等デイサービス

  1. 障がい福祉事業を起業したい!施設の立ち上げや経営に必要な行動とは。

    障がい福祉施設の企業に必要なステップは、主に5つ。①情報収集、②法人化、③設備を整える、④人員を揃える、⑤運営面を整える、といった流れです。

    続きを読む
  2. 放課後等デイサービス開業の資金調達方法とは?無利子の融資制度も解説

    放課後等デイサービスの開業時に必要な資金は、一般的に1500万円程度と言われています。とはいえ、個人で全額を用意するのは現実的ではありません。自己資金300万円の場合、1200万円程度を外部から調達、助成、補助などしてもらう必要があります。

    続きを読む
  3. 放課後等デイサービスの開業資金はいくら?安心して経営するために必要な金額とは

    放課後等デイサービスの立ち上げに必要な資金ですが、初期費用で800万円、運転資金4カ月分で500万円、当面の自身の生活費が200万円で、合計1500万円が立ち上げ前に準備しておくべき資金です。

    続きを読む
  4. 【2021年改正】放課後等デイサービスを開業するための基準を解説

    放課後等デイサービスは、特別な資格がなくても開業が可能なため、比較的起業しやすい福祉事業と言われていますが、2021年に人員に関する基準を含めた制度の改正が行われました。現在の放課後等デイサービスの起業には、どのような準備が必要なのでしょうか。

    続きを読む
  5. 放課後等デイサービス(放デイ)とは?児童デイサービスとの違いや支援体制を解説!

    放課後等デイサービスってなに?放課後等デイサービス(読み方は、ほうかごとうデイサービス。放デイとも呼ばれる)とは、2012年に児童福祉法で位置づけられた比較的新しい支援の形です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る